2014年04月01日

アップデ−ト完了

昨年4月から48歳という年齢にも負けず1年間勉強してきたが3月14日をもってようやく卒業となった。
目標としていた資格のすべてを取得することが出来とりあえずほっとしている今日この頃である。
広い意味で医療系の仕事に就職出来ればとの思いから始まったことだが、左片麻痺で義肢装具を作る仕事を選びやってきたがこれが思ったように出来ないことといったら甘い世界ではなかった、後悔・・・・。
11月福祉住環境コ−ディネ−タ−2級の試験ムズッ・・・
福祉用具専門相談員、介護職員初任者研修となんとか取得、最後に義肢装具師補の試験、実技、学科と受験ずたずたの結果と思われたがなんとか合格。
DSC_0040.jpg
初めて作った、下肢切断者のためのソフトインサ−ト(右)とソケット(左)入校して2・3ヶ月目で訳わからずで作らされ、卒業前に作るときの工程の意味がやっとわかったという具合だった人間のからだのしくみがわからないと出来ないと最初に先生に言われたのを思い出し納得した。
けどムズイ。
結果的に義肢の世界には進むことはできなかったが、なんとか福祉用具関係の会社に就職することができた。
posted by 運竿 at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。