2015年05月30日

またまた久しぶり−

久しぶりに、長島海峡の激流のお魚さんと遊びたくなり渡船に連絡入れると出船しますとの返事。
というのも、太平洋側は台風の影響でうねりが大きくチョイやばい状況、そこは長島海峡、どうにか釣りができる。
だが降りる瀬ををどこにしようか迷う、平日だから人も少ないからゆっくりとして行きたいところだ、迷うので師匠に電話して助言願うと戸島の崩れの沈みがいいよとのこと、沈み瀬だから干潮で頭が出てくるのを待たないといけない、当日は朝08:30満潮、沈みが頭を出すのは11:00頃とのことだから待合所でゆっくりしようと思ったが船長が瀬替わりしてもいいのなら近くの瀬で釣りながら待てば?!とのことなので甘えさせてもらう。
撒き餌を作り撒きながら仕掛けを作ると海の中は早く餌をくれのお魚さんがわんさか見える、激流の中を水面まで上がってくるミニの軍団、撒き餌と仕掛けを同調が基本だがそんなことすると5秒と付けエサがもたないだろうな、ど-やって釣るのよ!?
DSC_0135.jpg
でかく見えるがコッパ
奥に小さく見えるところが沈み瀬、潮が満ちると沈没します
DSC_0134.jpg

と言いつつ木端の入れ食いを堪能しているがもってかえれば塩焼きサイズがも-いいってぐらい釣れたがきりがないので10:30ぐらいでやめて沈み瀬に瀬替わりの準備をする、全部かたずけて待っていると船が来たので道具一式積込み、ものの50m先なのだがまだ水面から30cm位しか出ていない時たまかぶっているがそこに道具一式と共に降り立ち道具箱からロ−プとハ−ケン、チャランボを出し固定して潮がチョイ下げるまでまき餌を打ちながら様子を見るとこれまたコッパまみれでないかい、覚悟の上で来てるんだからよしとしようで釣り開始一投ごとに魚が釣れるがいかんせん小さい足裏サイズを家族分キ−プしあとはリり−ス。
今日は干潮が15:30なので16:00回収とのことで頑張るがバリ(アイゴ)も来ず、坊主じゃないからいいとしよう。
回収の時間が来て船に乗り込み待合所に帰ってくると、船長の奥さんがいつもお茶を出してくださるが約8年ぶりで来たのだが覚えていらっしゃり、また来ます、と言い帰途についた。
posted by 運竿 at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。